三井住友銀行のローンの金利について

三井住友銀行のローンの金利は、商品ごとに異なっています。まず金利の方式について把握しておく必要があります。固定方式と変動方式の二つがありますから、この違いを把握しておかなければなりません。固定方式とは、契約時点での利率で返済をするものを指します。遅れることなく返済を続けていれば、契約した時点での利率が変更されることはありません。これに対して変動方式では、市場の動向によって変化します。基本的には毎月見直しが行われますから、利下げの可能性もありますが、利上げの可能性もあります。 利上げされると利息の支払金額が増えますから、変動方式としてはリスクがあると考えておきましょう。固定方式にはこのリスクはないのですが、その代わりに最初から金利が高めに設定されています。リスクを抱えて低くするか、それとも保険と思って高くするかを選ぶ事が必要です。三井住友銀行のローン商品では、それぞれで方式が異なりますから、選ぶことができない場合もあります。 もう一つ知っておきたいのが担保です。担保を設定することができれば金利を低くすることができます。ただ、最初に費用がかかりますから、借りる金額が小さくなればコストは高くなるでしょう。大きな資金を借りるときには担保を設定したほうが良いと考えられます。三井住友銀行のローン商品の中には担保を設定できるものもありますから、担保を設定できるのならこのような商品を選んだほうが良いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
Sitemap | Posts